日本のはじまり〜旧石器発掘の秘話〜

 

 地上に人類が現れたのは500万年前…

地質学では鮮新世と呼ばれる時代です。

このころはまだ日本列島すら今の形をしていません。

 

ちなみに今発見されている最古の人類は500万年前の

ラミダス原人です!1990年代にエチオピアで発見されました。

もしかしたらアウストラロピテクスって習った人もいるかも…?

アウストラロピテクス1924年の段階では最古の人類でしたが…

 

そして200万年前になると、地球は氷河時代になります。

地球上では冷たい氷期と比較的暖かい間氷期が交互におとずれます。

さらにこのころは地殻変動が激しく、火山噴火も激しかったので

地形に変化があらわれました。この時代を更新世と呼びます。

 

人類が地球に生まれてからこの更新世と呼ばれる時代までが、

あの旧石器時代とよばれる時代です!

 

この頃から人類は文化を形成じはじめたのです。

ではこの時代の人たちは一体どんな生活をしていたのでしょう…?

 

とにかくまだ何も無い時代。そんな時代に人間はまず

石を打ち砕きます。(たぶん道具にできるのが石しかなかった…)

で、ご飯を食べなければ生きていけないので、動物をしとめる方法を考えます。

となると攻撃できる道具を生み出します。それが握槌(にぎりづち)などです。

見たことありますか?石を打ちかいただけ感がハンパないです。

ですがそこから石刃(せきじん)尖頭器(せんとうき)など

刃物の機能をもったものも作られるようになります。

それでナウマンゾウマンモスオオツノジカヘラジカなどの動物と

戦ってたと思うとすごいですね…。

こんな簡単な道具だけで野獣に突っ込んでたと思うと相当やばいです。

 

この頃の化石人骨でいうと沖縄の港川人静岡の浜北人が有名です。

人間は猿人原人旧人新人と発展してきましたが、2つの化石人骨は新人のものです。

ここでこぼれ話をひとつ。

1931年に直良信夫(なおらのぶお)によって発見されたのが明石人骨です。

戦時下の空襲で実物は無くなりましたが戦後、長谷部言人(はせべことんど)

「明石原人」と命名しました。えっ、見つけた人と命名した人違うの!?っていう…

それだけならまだ良いとして、さらにこれが実は

「明石原人」は原人ではなく新人だったという…あぁ…

最近の研究でわかったことです。あぁややこしい…

 

さて、1949年、群馬県岩宿(いわじゅく)関東ローム層という地層から

旧石器時代の石器が発見され、日本の旧石器時代にこのような文化が

存在したことが確認されました。

この石器を発見したのが相沢忠洋(あいざわただひろ)です。

 

「へえーそうなんだ」で、終わりますよね?…でも違うんです。

この相沢さん、本当に苦労された方なんです。

 

この旧石器文化を見つけた相沢さんは、発掘報告書を学会に提出します。

ですが…当時の相沢さんは周囲から学歴がないからといわれ、

まさかの存在を無視されていしまします。

それだけじゃないんです!

発掘の手柄が、相沢さんが所属していた発掘チームのリーダーのものに…

さらに相沢さんは詐欺師などという悪い噂をたてられたりもします。

ですが相沢さんの考古学への情熱は冷めず、その後も次々と旧石器の遺跡を

発見していったのです。そして徐々に悪い噂は消え、ついに!

岩宿の石器発見から18年後、いままでの努力が認められ、

すぐれた文化活動をした人などに贈られる吉川英治(よしかわえいじ)賞を受賞!

こんなふうに情熱を注いで発掘されたもののおかげで

いまの私たちは昔の人の生活を垣間見ることができます。すごいですよね。

感謝感謝…

 

 

 というわけで今日は人類の誕生から旧石器時代の話をしました。

旧石器時代の次は土器をつくりはじめた縄文時代です!

次回のブログは縄文時代のくらしについて書きます^^