徒然なる。たまに。

とるにたらないコトを考えています

コーヒー

私の周りには、こだわりがある人が多い。

レコードや写真など、私からすれば

お金のかかる、知的な大人のたしなみ。

 

その中でもコーヒーにこだわる人。いる。

豆がどう、淹れ方がどう…とか。

 

私はそんな知的で大人な雰囲気に憧れて

自らコーヒーに無理してハマろうとした。

とりあえず飲んでみたが、

これがまた全くハマらなかった。

 

「こんな苦いもの、美味しいのは嘘だ!

大人たちも実はカッコつけてるだけで、

無理している!」

 

と、コーヒーが好きなんて言ってるのは

カッコつけの無理をしてる大人だと思った。

 

コーヒーに全く興味がなくなってしまった。

 

とある日の昼食後、オフィスで先輩が

「豆を買った」と言って

ガラガラゴリゴリと豆を挽きはじめた。

 

良い人だと思ってたのに

あなたはコーヒーが好きな、カッコつけな

無理した大人だったのか!悲しい!

 

と心の底で思ってしまった。

 

極め付けには「どうぞ!」と

ご丁寧にアイスコーヒーをくれた。

 

…飲まないんだけどな〜

んー、深みがあって…みたいなこと

言った方がいい?ん?コク?キレ?

飲んで一言、何が正解?(言う必要ない)

 

と思いつつ、喉も渇いてので

まぁ飲んだ。

そしてチビチビ、最後まで飲んだ。

 

んー、まぁ苦いよね…いつも通り…

 

でも氷の冷たさで酸味や苦味がいつもより

感じられなかったこともあって、

すっきりした後味だった。

 

ん…?アイスコーヒーなら飲みやすいのか?

 

とりあえずその日は個人的に

アイスコーヒーがホットコーヒーよりも

飲みやすいことに気づく。

 

先輩には美味しかったと伝えた。

すると、コーヒーの飲み比べイベントに

誘ってもらえた。

 

結論、そのイベントから

どんどんコーヒーにハマる。

 

人生で片手で数えるぐらしかコーヒーを

飲んだことのないのに

行って何かわかるのか…?

 

と思いつつもとりあえず参加。

 

当日は5杯券を購入。4杯飲んだ。

はじめの3杯は酸味が印象的だった。

ほぼホットで飲んだ。

 

最後の一杯…

 

ホットなのに苦手じゃない!

というかこれ「美味しい」んじゃ…?!

と思えるコーヒーに出会った。

やっぱり何杯か飲むと好みがわかるのか…

その時飲んだのは

「サントス・ニブラ」だったと思う。

自分の中でピシャッ!とハマった。

 

その時のコーヒーは

目の前で私が名前を知らない道具をつかって

何段階もの工程の中で

一滴ずつ時間をかけて大切に淹れられた。

 

その工程も面白く、

こんだけ時間かけてカップ一杯!?と

インスタントラーメンを2分で食べ始める、

せっかちな私はびっくりした。

 

何人か待っている人たちで

コーヒースタンドを囲んでいる状態。

誰も喋らず、コーヒーの滴を見つめて

黙っていた。

 

なんだこの穏やかな世界は!!

いい香りとゆっくり流れる時間…

 

丁寧に時間をかけて入れられたコーヒー、

その美味しさを楽しめる舌のコーヒー経験値…

飲むときは時間と心にゆとりを持って、

コーヒーをたしなむ…

 

やはりコーヒーは、

深くて大人な世界だった。

(その深さ、素人目からして未知数)

 

語れなくてもいいから、

好きなコーヒーを見つけて楽しむ、

それだけでも素敵な時間を過ごせる。

 

最近はコンビニのアイスコーヒーを

楽しんでいる。

 

はじめは「コンビニのカップで飲むコーヒーは

どうやって買うんですか?」って、

コンビニはじめての富裕層か、みたいな

質問して恥かいたけど、

その甲斐あってはじまった

お気軽コーヒーライフ。

 

コーヒー、いいね〜

 

 

 

 

 

ソフトクリーム

私は大人になってから、

ソフトクリームを人前で食べなくなった。

どうも、食べ方が気持ち悪いらしい。

とにかく難癖つけられるのである。

子供の頃は車で家族旅行をする時は

パーキングエリアによってソフトクリームを食べた。

ご当地のソフトクリームがあるのが楽しい。

紫芋とか抹茶とか、そんなのを食べた気がする。

その時はソフトクリームの食べ方なんて

気にしたことは全くなかった。

けど事件は突然起きた。

高校生の頃のデート中のことだった。

デートでアイスクリーム屋さんに行った。

私たちはソフトクリームを二人で味違いを頼んだ。

私は潔癖症気味なので、スプーンを二つもらった。

口をつける前に、お互いにスプーンで一口ずつ

交換しようと思っていた。

だが、彼は何を思ったのか

突然私のソフトクリームに顔を突っ込んだ。

そして顔をあげると、

鼻と口にソフトクリームをつけて笑っていた。

ソフトクリームのツノは無くなっていた。

私もつられて笑ったものの、

彼がした事の意味がまるでわからないでいた。

それ以降の会話はあんまり覚えていない。

彼がソフトクリームのツノという聖域を犯したことと、

それを面白いだろうと感じていた

彼への行き場所のないジワジワ込み上げる怒り、

それだけが頭をぐるぐるしていた。

ぺしゃんこで、もはや輝きを失ったソフトクリーム。

私はテンションがだだ下がりだった。

ツノのないソフトクリームなんて!と。

それから、ソフトクリームを食べる醍醐味は

あのてっぺんのツノの部分を食べることだ!

と、食べ方に変なクセがついた。

一口目、ツノを食べると、そのあとは

側面を、下から上に統一して舐める。

そうするとまたツノが出来る。それの繰り返し。

友人からは気持ち悪いと言われ続けるが

ソフトクリームに敬意を払い(超おおげさ)、

何度もツノを食べられる楽しむには

この方法しか今のところないと思ってる。

ソフトクリームに顔を突っ込んだ彼とは

結局うまくいかなかった。